docomo版|ezweb版|softbank版|PC版

韓国料理
ジャガイモと煮干し煮 
野菜料理



材料1:◇ ジャガイモ…3個
◇ 煮干し…100g(大さじ10)
◇ 醤油…大さじ3
◇ 水あめ…大さじ1.5
◇ サラダ油…大さじ2
材料2:◇ 酒、みりん…各大さじ1
◇ 胡麻…大さじ1
◇ 水…カップ1
◇ 胡麻油…少々 
調理時間(約):約40分
カロリー:

内容:旬の野菜を加えてもOK。ジャガイモの主成分は糖質だが、ビタミンB、B1、B2、Cが豊富に含まれている。ビタミンCは加熱しても破壊されないため、韓国では育ち盛りの子どもの弁当のおかずとしてよく登場する。
今回紹介するジャガイモ煮が代表的な例である。 このように煮干しを入れて煮込んだり、煮干しの代わりにサヤエンドウやニンニクの芽など旬の野菜を入れて煮込むのもよい。 
また、炒め物の煮干しは他の野菜とも相性がよいため、季節ごとの基本になるおかずに最適である。
作り方;
手順1:ジャガイモは厚めに皮をむき、しばらく水にひたしてアクを抜き実をしめる。 
手順2:@のジャガイモをぶつ切りにし、水気を取る。 
手順3:煮干しは、頭と腹ワタを丁寧に取り除く。 
手順4:鍋にサラダ油を入れ中火で熱し、ジャガイモを入れてほんのりと色がつくまで炒める。
手順5:Cの鍋水を加え、醤油、水あめ、酒を入れて強火で熱し、浮いてくるアクを取る。 
手順6:煮立ってきたDの鍋に煮干しを入れ、中火で煮汁にとろみが出るまで煮詰める。 
手順7:ジャガイモに完全に火を通し、胡麻油、みりんを入れてつやを出す。
手順8:最後に胡麻をふって軽く混ぜ、皿に盛りつける。 
手順9:出来上がり
ワンポイント:煮干しは青みがかかって光沢があるもの、よく乾燥した新鮮なものを選ぶことが大切。 
煮干しを調理するとき、頭と腹ワタを取るのは生臭さや苦みを防ぐため。韓国料理の炒め物には小さめのジャコを使うため、そのまま料理するのが一般的。

Copyright © 2020
韓国料理レシピ
All Rights Reserved.