docomo版|ezweb版|softbank版|PC版

韓国料理
えのき入りアサリスープ 
魚介料理



材料1:◇ アサリ(殻つき)…300g
◇ エノキダケ…1袋
◇ 赤みそ…大さじ3
◇ 煮干し…25g
材料2:◇ 水…5カップ
◇ 細ネギ(万能ネギ、細めの青ネギ)…4本
◇ 刻みニンニク…中さじ2
◇ 酒、塩…少々
調理時間(約):
カロリー:

内容:さっぱりした「韓国風みそ汁」の特徴といえば必ず汁にニンニクとコチュジャンを入れること。毎朝子供から大人まで飲むスープは韓国人の原動力になっているのかもしれない。このように貝を素材にしたスープ類の調理法は日本より遙かに多い。
食用キノコは世界に2、3千種類もあると言われている。韓国では椎茸のように香りや歯ごたえのよい品種が特に好まれている。えのき茸は80年代半ば日本から輸入され、鍋物や汁物、炒め物等に使われるが、値段が日本より高いため日本料理ほど調理法は幅広くない。
作り方;
手順1:アサリは塩を入れた水にしばらくつけて砂をはかせ、殻と殻をこすり合わせてよく洗い、ざるにあげる。
手順2:エノキダケ1袋は根もとをきりとる。
手順3:煮干し25gは、頭と腹ワタを丁寧に取り除く。
手順4:鍋に水5カップ、煮干しを入れ火にかけて煮立たせ、あくを丁寧に取りながら弱火で煮る。
手順5:Cの煮汁に用意したアサリを入れ、アサリの口が開けば器に取り出す。
手順6:赤みそは少量の煮汁で溶きのばして加える
手順7:細ネギは、2cmの大きさに切る。
手順8:Eの煮汁に酒、アサリ、エノキダケを入れ、塩で味をつけてネギを加え、さっと煮て火を止めてお椀に注ぐ。
手順9:出来上がり
ワンポイント:

Copyright © 2020 
韓国料理レシピ携帯版
All Rights Reserved.